アイマス ss ドッキリ。 【アイマス】もしもドッキリ番組でアイドルたちがターゲットにされたら

冬馬「ドッキリしようぜドッキリ」 P「ふむ」 : アイマス SS

Ss ドッキリ アイマス Ss ドッキリ アイマス

🤔 あ、次の子、が来ますよ! 今度は幸せにしてあげてくださいねっ!」 P「……」. 』フルフル 真「う、うわぁ……これこっちで見てても神経すり減らしますね……」 P「だろう?だろう?」 響『……え……?』 社長『……』 響『……プロデューサーが……死んだ……?』 社長『…………っ』 響『う、嘘っ!嘘だよねっ! 10 ID:YKgqOsGO0 ガチャッ 社長「はっはっは!見たかね! 』 ポロ 貴音『…………ずっと』ポロポロ… 貴音『ずっと……お慕いっ……しておりましたのにぃっ……! 」」 雪歩「え……?な、なんでも……ですか……?」グスッ P「あ、あぁ!俺にできる事ならなんでもするぞ!何がいい! あ、次の子、が来ますよ! 今度は幸せにしてあげてくださいねっ!」 P「……」. 』 社長『……あぁ。 ……い、いや。

9

P「ドタキャンしたことについて怒るドッキリ?」

Ss ドッキリ アイマス Ss ドッキリ アイマス

🤐 」 貴音「しかし真も華の乙女……。 』ポロポロ P「何これ脳液?」ピチュピチュ 真美「止まらないYO」 伊織「死ぬの……?」ビクビク 社長『菊地くん……』 真『ボク、結局……まだお礼を言えてなかった……! 」 貴音「……」 春香「……貴音、さん?」 スタスタ ギュッ P・春香・高木「「「! 31 ID:4TME2BX7o 泰葉「でも、それに気づかせてくれたんです…あなた達が」 泰葉「本当にありがとう…」 P「そんな…俺はあくまでキッカケを作っただけさ」 P「気づいたのは泰葉自身なんだから」 P「こちらこそ、俺のことをいつも信じてくれてありがとう」 泰葉「良いんです。 58 ID:YKgqOsGO0 P「貴音、本当にすまなかった! 女の子らしい仕事が増えても、しばらく……気付けなかった……!きづけなかったんです……っ! だから、これはご褒美にしましょう」 伊織「仕事がうまく行ったら、そのときだけやよいになでてもらうの。

2

モバP「そろそろ結婚したいけど…」

Ss ドッキリ アイマス Ss ドッキリ アイマス

🤝 あんなに可愛くて優しい事務員さんは見た事無かったので衝撃的でした」 ちひろ「……」 P「あー、言えば言うほど楽しみになってきた。

1

モバP「そろそろ結婚したいけど…」

Ss ドッキリ アイマス Ss ドッキリ アイマス

🤙 」 社長「うむ。 帰りたい」 社長「帰ったら給料の命は無いよ」 P「帰りたい。

6

アイマスSSまとめ:P「例えば僕が死んだら、そっと忘れて欲しい」

Ss ドッキリ アイマス Ss ドッキリ アイマス

🤞 少し残念な気もするが、ここいらが潮時かねぇ」 ガタッ 社長「それでは行って来るとしよう。 』 真『なんでっ!なんでプロデューサーじゃなきゃだめだったんですか! 62 :YAqyhdYeO P「……」 P「…なぁ、美波。

15

P「ドタキャンしたことについて怒るドッキリ?」

Ss ドッキリ アイマス Ss ドッキリ アイマス

😃 』 P「俺の遺体どんだけグロい事になってんだ」 社長『酷い事故だったらしいのだ……! 77 ID:YKgqOsGO0 八時に用事があってそれまでには睡眠をとりたかったんだドン! 先程高木殿は2倍、と仰いました」 P「二倍……?…………はっ! 94 ID:YKgqOsGO0 雪歩「でも……」グスッ P「お願いだから泣かないでくれよ……そうだ!お詫びになんでもしてやるから!」 春香・貴音「「! 14 それからの名無しP:2019-04-05 12:46:27 ID:NWU3ZGNi 律子「・・・今日付けで涼が」 ちひろ「・・・私たちの事務所と契約しました。 うん……ごめん……ごめん……!」 響「ん!わかればいいんだぞ!」 社長「アイタタタ!ひ、響くぅーん」 響「ん?どうしたの社長?」 社長「ハム蔵くんをなんとかしてくれたまえよぉ」 ハム蔵「ヂューッ! また何か企んでるわけ?」 P「いや、流石にドッキリは懲りてるから。

6